『話せば長くなる』-原田和明のオートマタ-(原田和明)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

『話せば長くなる』-原田和明のオートマタ-(原田和明)

¥1,650 税込

送料についてはこちら

オートマタはからくり人形を指す言葉です。原田和明さんは、27歳の時に、からくり人形の面白さに出会い、魅了され作家への道を歩んでいきます。独自のユーモラスな視点を持ち、くすりとさせたり、あっと驚くようなしかけを持つ作品を次々発表しています。 ハンドルを回すことで、奇妙で愛嬌のある動きを生み出す人形たち。どうしてこのような人形を作り出す作家となったのか...原田さんの言葉で紡ぎ出された、ユーモアあふれる自叙伝となります。また、編集者との対談、オートマタができる工程を撮影したものも収録。『話せば短くなる』を補完する本として、合わせての購入をオススメします。 2020年12月初版 P92 size:148x180mm *おまけのブローチ付き(どちらか1つ、絵柄は選べません) 原田和明:http://nizo.jp 2002年よりオートマタ製作を始める。2006年ファルマス大学大学院にて現代工芸コースを先行する傍ら、オートマタ製作の第一人者マット・スミス氏の工房でも研鑽を積む。2008年山口県に工房「二象舎」を設立。常に新しいオートマタ作品を生み出している。