『こねこのウィンクルとクリスマスツリー』(ルース・エインズワース作/さとうゆうすけ絵/上條由美子訳)
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

『こねこのウィンクルとクリスマスツリー』(ルース・エインズワース作/さとうゆうすけ絵/上條由美子訳)

¥1,760 税込

送料についてはこちら

こねこのウィンクルは、初めてクリスマスツリーを見てとっても驚きます。 「のぼっていい?」「かんでいい?」と姉さんたちも揃って声に出しますが、母さん猫に「だめよ!」とたしなめられます。それでもウィンクルは諦めきれず、夜中にそっとツリーによじ登ります。てっぺんに飾られた妖精のお人形と挨拶すると...。 ふわふわの猫たちの愛嬌のある仕草、目をみはるようなクリスマスツリーでの出来事は、ページを捲るのに胸が高鳴ります。 子供でも大人でも楽しめる聖夜の出来事を、さとうさんの美しい絵で御覧下さい。 *特製のサインカードをお付けします。絵柄は選べません。 *クリックポストという厚さ3cm、重さ1kgまでの発送方法となります。Tシャツは1枚まで、絵本は合計2冊まで同封可能です。手ぬぐい、ポストカードやクリアファイルなど薄いものなら一緒に送れます。オーバーする場合、追加の送料がかかります。 2021年10月初版(福音館書店) size:280x220mm 40ページ ルース・エインズワース(1908-1984) イギリスの作家。主な作品に『こすずめのぼうけん』『ちいさなロバ』『黒ねこのおきゃくさま』など。 さとうゆうすけ:https://iussuque-satoh.tumblr.com/ 画家。2008年に個展開催以降、こつこつと作品を発表。美しく繊細な絵を描いて注目される。絵本に『ノロウェイの黒牛』挿絵に『夜の妖精フローリー』など。