はたらく①本屋:写真吉田亮人・文矢萩多聞 (2刷)
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

はたらく①本屋:写真吉田亮人・文矢萩多聞 (2刷)

¥1,650 税込

送料についてはこちら

こちらは、写真家吉田亮人さんと装丁家矢萩多聞さんの二人で製作した「はたらく」をモチーフにした写真絵本シリーズの第1作。 「はたらく①本屋」(写真吉田亮人・文矢萩多聞) 実在のお店の1日を撮影し、文を添えて、訪れる人ではなく、そこで働く人の様子を伝えています。書店は大阪の長谷川書店水無瀬書店。朝、出勤してシャッターを開けて、本屋の開店から閉店後まで。届いた本を棚に出し、レジを打ち、やることはたくさんあります。 実際に撮影は丸1日で敢行されています。ドキュメンタリーであるこの1冊に、その職業の仕事の流れが見えてきます。 「ぼくらの生活は、だれかの仕事のおかげで成り立っているはずなのに、彼らが日々どんなことを思い、喜び、悲しみ、暮らしているのかあまり知りません。 ふと足をとめて星空を見上げるように、目の前を通り過ぎるいろんな『はたらく』を見つめたい。」ーはたらくシリーズのことばより 多聞さんと吉田さんの二人は、これまでも限定本をいくつか製作していますが。どれもあっというデザインや仕掛けがあり、それが内容とマッチして、本を「持っていたくなるもの」として仕上げてきます。 今回2刷は限定250部で、リソグラフ印刷、ミシン糸綴じで、手作業で少しずつ仕上げられています。 版元:アムブックス(https://tamon.in/) P24 ソフトカバー 手製本 2刷(限定250部) size:148x210mm 2021年7月刊行 *入荷数が少ないので、お一人様2冊までとさせていただきます。 他の本と合わせてご購入いただく分にはかまいません。 ご了承くださいませ。 *当店への入荷は30~40番台です。番号はお選びいただけません。