『ぼくのポーポがこいをした』(村田沙耶香作・米増由香絵)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

『ぼくのポーポがこいをした』(村田沙耶香作・米増由香絵)

¥1,650 税込

送料についてはこちら

「にちようび、ぼくのおばあちゃんが、ぼくのぬいぐるみのポーポとけっこんする。」ぼくのポーポなのに、おばあちゃんはにんげんだし、ポーポはぬいぐるみだし、ぜったいにへんだ。 ぼくの目線から語られる、おばあちゃんとポーポの恋。二人の母親はあたたかく見守り、結婚式の準備は進んでいきます。おばあちゃんの「でもね、恋は変なんだよ。変になるのが恋なんだから。」という言葉が、読者に響きます。 二人の母親に、ぬいぐるみに恋する祖母、その家族の中で自然と自分の気持ちを口にする僕。様々な見方が出来る物語を、米増さんの豊穣な絵が彩ります。 「恋の絵本」は現代の小説家と画家が織りなす、新しい価値観や物語が魅力のシリーズです。 恋の絵本5 2020年4月 初版 size:280x220mm *米増さんのイラストサイン入り。イラストは、1冊ずつ違いますが選べません。 村田沙耶香:instagram.com/sayaka_murata_ 小説家。『コンビニ人間』で芥川賞受賞。 米増由香:https://www.yonemasu-yuka.com イラストレーター、絵本作家。 書籍装画、挿絵など幅広く活躍。最新作は、岩崎書店の恋の絵本『ぼくのポーポがこいをした』(村田沙耶香作・米増由香絵・瀧井朝世編)。