絵本『こどもたちはまっている』荒井良二
5ed50e385157625542cdf805 5ed50e385157625542cdf805 5ed50e385157625542cdf805 5ed50e385157625542cdf805 5ed50e385157625542cdf805 5ed50e385157625542cdf805

絵本『こどもたちはまっている』荒井良二

¥1,760 税込

送料についてはこちら

荒井良二さんの新作絵本。 こどもたちはまっている ふねがとおるのをまっている こどもたちはまっている ロバがくるのをまっている こどもたちはまっている あめあがりをまっている ページをめくるたびに現れる、 こどもたちから見た鮮やな日常の1場面。 大きな世界に身をおく、小さな親愛なる子どもたちは、 いつかの私であり、遠くのあなたでもある。 長新太へのオマージュを込めて描かれた絵本。 めくるたびに、深呼吸をしたくなるような、 美しく濃密な世界が広がっています。 「ぼくが大学生の時に、長新太『ちへいせんのみえるところ』を手に取ることがなかったら、絵本を作っていなかったと思う。」 著者の言葉にも、胸が温かくなります。 何度でもめくりたくなる、新たな名作。 *サイン本ではありません。 2020年6月 初版 亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉3 荒井良二著 デザイン:漆原悠一(tento) 編集:筒井大介(野分編集室) 荒井良二:http://blog.ryoji-arai.com/ 山形県出身。『たいようオルガン』でJBBY賞、『あさになったのでまどをあけますよ』産経児童出版文化賞大賞受賞。2005年にはスウェーデンの児童少年文学賞であるアストリッドリンドグレーン記念文学賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得る。2018年まで山形ビエンナーレの芸術監督を務め、展示ではレコードを発売するなど幅広く活躍する。