堀内誠一『ぼくの絵本美術館』
5c07d4c82a28620f1bff053a 5c07d4c82a28620f1bff053a 5c07d4c82a28620f1bff053a 5c07d4c82a28620f1bff053a 5c07d4c82a28620f1bff053a 5c07d4c82a28620f1bff053a 5c07d4c82a28620f1bff053a

堀内誠一『ぼくの絵本美術館』

¥3,500 税込

送料についてはこちら

「絵と出会うこと、それは感動的なことでありたいと思います。」という一文で始まるこの本は、デザイナーであり絵本作家であった堀内誠一さんが、第1部では太古の昔に描かれた絵から、時代にそって、素晴らしいと感動する絵を時代にそって紹介しつつ、第2部では現在の絵本という形が生まれた19世紀末〜の童画や挿絵の名作を紹介。第3部では、イラストレーション、ナンセンス絵本など新しい絵本の形へ言及。第4部で対談、第5部ではテーマを決めて堀内さんの好きな絵について紹介する、という盛りだくさんの内容です。 図版も多く、絵本のことや、絵の味方、楽しみ方を知りたい人へのガイドとしても、おすすめできる1冊。 317ページ